倶楽部ONE+ONE(ワンプラスワン)情報

arnet.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:コラム( 12 )

クリスマスの思い出

昨年のクリスマスパーティーでのこと。
プレゼント交換で手作りグラスが当たりました!

うさぎの描かれたとてもかわいいグラスですよ。

c0186689_2364666.jpg



このグラスの作者は、最近では「愛のほん」「死のほん」と絵本を出され、ガラス作家としても大活躍中の女優川上麻衣子さんです。

直接手渡して頂き、ついでに調子に乗って記念写真までぱちり!
c0186689_23241179.jpg

とても楽しいパーティーでした。


グラスもとてもかわいかったので、干支のうさぎにちなんで、「うさぎの思い出」パチリ!

c0186689_238363.jpg


いかが?
[PR]
by arnet-yama | 2011-01-01 23:13 | コラム

「京都の文化」 へえ~!って感動する塀

京都の塀のあれこれについて。

九州大学の湯本先生と桂離宮見学に行った際、「桂塀」を見て感動!

こりゃ面白いな!と思い、京都の塀のあれこれを撮ってみました。

先生曰く「京都の建築文化には、ひたすら手間ひまをかけて昇華させてきたものが多く、実際に材料としての『もの』にお金を懸けてないものが多い」のだそうです。貧乏だったからなのか、今風に言うとエコっぽい?。。。

とにかく出来は素晴らしいものが沢山。。。。

「技術」と「知恵」とそして大切に維持しようとする「愛情」とその「維持費」があれば今でも十分可能ですね。

いろんなことを改めて考えるきっかけになりました。



c0186689_2048472.jpgこれは桂塀の全景。




c0186689_20484954.jpg良く見れば、割った竹を組んでそこに生きた笹を編みこんだものであることが判ると思います。




c0186689_2111145.jpg割竹を組んだものです。




c0186689_21115477.jpg横にだんだんに組んでいる節の配置にこだわりが。。。




c0186689_2112822.jpg組んだらこうなるのですね。




c0186689_21122479.jpg桧皮(木の皮)を使ったこのタイプはまだ良く見かけますね。




如何でしょう?少し散策しただけでもこんなにあります。

特に東山の別荘地にはまだまだ多いようです。

私は専門職ゆえか、雨に対する劣化処理は???といった納まり(組み方)等々もとっても気になります。特に塀の頂部分のあたりが。。。
ちょっとした塀おたく。
先人の知恵・技術の集大成でもありますからね。


京都にはすばらしい住宅の塀がまだまだあるのですが、ひとまず今回はこのくらいで。
[PR]
by arnet-yama | 2011-01-01 21:45 | コラム

明けましておめでとうございます

2011年 明けましておめでとうございます。。。

昨年は、目覚しい身辺の環境進化(変化?)でブログも滞ってしまいました。
心ヘンに無くすと書く「忙しい」とならないよう、今年はじっくり構えて公私共々進化していきたいと思います。
どうか今年も宜しくお付き合い下さいませ。

c0186689_20313027.jpgことし2011年1月1日、
地元手賀沼から見た初日の出写真です。

しかし寒かった!
[PR]
by arnet-yama | 2011-01-01 20:32 | コラム

春もそこまで。。。

仕事の関係で和歌山県の有田にある工場に行きました。
そこで、生まれて初めて あの!「たらの芽」の自生現場を目撃しました。

写真はこちら

More
[PR]
by arnet-yama | 2010-03-24 14:41 | コラム

黒マグロの完全養殖について

2月の「紀友会」例会にてまぐろの完全養殖の講演を行って頂いた近畿大学 熊井先生の研究に対して、朝日新聞の社説にも取り上げられました。
記事をアップしました。
食資源の保持に対する大きな期待が寄せられています。

記事はこちら

More
[PR]
by arnet-yama | 2010-03-08 13:17 | コラム

チリの今日~大家さんからのメール

千葉の一軒家で共同生活をする「大家さん」夫婦からチリの今について、写真メールが届きました。

c0186689_18211284.jpg



続きはこちら

More
[PR]
by arnet-yama | 2010-03-07 18:37 | コラム

「地球のきもち?」とける氷河

「氷河が相当とけてますよ。。。」と聞いて早速見てこようと、パタゴニアに行ってきました。独立して間もない2002年のことです。

チリのサンチアゴから飛行機とバスを乗り継いで、いざパタゴニアへ!GO!!!
c0186689_18433910.jpg

空から見たアンデスです


詳しくはこちらへ

More
[PR]
by arnet-yama | 2010-02-21 18:36 | コラム

「楽しきすみか」一緒にすもう! チリの美味しい料理とお酒

共同生活のなかで得る楽しみのひとつ、異文化交流!

その中でもひときわ嬉しいのが食事!

共同生活をしている林イリヤから教えてもらった彼女の母国チリでポピュラーなものの中でパンに乗せると絶品のソース「ペブレ」と食前酒「ピスコサワー」をアップします。

詳しくはこちらへ

More
[PR]
by arnet-yama | 2010-02-12 13:41 | コラム

「楽しきすみか」 終のすみか見学記 ゆいま~る伊川谷

2001年からはじめた「終のすみか」探しも9年経ちました。

医療や介護の施設、住宅、ホテル等々、建物だけでは何も解決しないことは判っているものの、目の前に横たわり自分たちの問題でもある社会問題になにか答えが出せないか?と、あちこちいろいろなすみかを見てきました。北欧は社会の制度や住宅事情が日本と異なるのでそのまま持ち込めないですが、当たり前を当たり前にやっているところが刺激的でした。。。


ところで今回の見学は長年、終のすみか探し活動にお供させてもらっているを「NPO法人くらしとお金の学校」理事長の長沼和子氏と文化学院で教鞭をとられている長沼行太郎氏との同行で実現しました。
私とはまた異なる視点でコメントを掲載されていますのでそちらも参考にどうぞ。


施設は完成期医療福祉を唱える医師 神代(こうしろ)氏らが設立した「社団法人コミュニティーネットワーク協会」が100年コミュニティー構想のもとで完成させた「ゆいまーる伊川谷」。

神戸三宮駅から25分という神戸市西区にある適合高齢者専用賃貸住宅です。
入居条件は60歳以上であればOKで夫婦はもちろん、兄弟、親子でも住めます。

まずは私の感想から。


詳しくはこちらへ

More
[PR]
by arnet-yama | 2010-02-10 01:52 | コラム

「楽しきすみか」手作り炭?

1月最後の日曜日、事務所に溜まったミスコピーの山、山、山。
それでは!と、スケッチ用や裏紙コピーにしても使いきれない分は自宅に持ち帰って焼こうと思い立ちました!

詳しくはこちらへ

More
[PR]
by arnet-yama | 2010-02-02 02:45 | コラム
line

倶楽部活動やイベントを通じておとなのコミュニティーを創る会


by arnet-yama
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30